【墨雨雲間』】(英文名The Double)は人気になる理由は?

Uncategorized

2024年の中国ドラマ「墨雨雲間」を聞いたことがありますか?2018年大ブレイクの「瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」と同一制作スタッフです。ヒロインもウー・チャンヤンを努めています。

このドラマはいろんなファンを魅力しているのは、復讐テーマが大切なポイントだろう。

妻を殺すクズ男、助け合う女たち、高貴な女の復讐、女の争い、背徳のCP……稚拙でダサい展開ばかり、評判がイマイチだが、人気さは高まっています。

その「爽快」は視聴者がこのドラマにハマっている原因でしょう。

また、このドラマに出た婉寧姫は話題となっている人物です。人質として敵国に行って、国のために姫女一人を犠牲するというわけです。敵国ですごくいじめられ、羊と一緒に寝させられます。そこで彼女は帰国してからごうまんふそんとなっています。婉寧姫はヒロインの夫を奪うためにヒロイン家族全員を殺しようとしてました。結局、彼女は自分の行動の代償を払うことになりました。

「墨雨雲間」の話題は、「爽快」と「婉寧姫の狂い」でしょう。

以下、一部のネットユーザーのコメントです。

「私は婉寧姫の精神状態がうらやましい。半分普通に見えてい、半分狂っている。」

「このドラマ、なんといってもテンポが速い。 主題歌にのせて、墓場のラストシーンではゆっくりと手を伸ばし、突然スリラー的な意味も込めて、ハハハハ。 復讐を楽しみにしています」

「わずか10分ほどの第1話で、結婚、はめられ、不倫現場の修羅場、生き埋め、元凶の解明、家族全員死ぬ……と、短編ドラマの本筋がすでに完結している。」

ストーリーがダサくて幼稚ですが、クールと思いさせる時もよくあります。こういう女たちの争いはつまらなく、国や民族大義などにも及ばないかもしれませんが、運命の不公平に対する戦いのヒロインのようなもの 粘り強さに感動します。手段を選ばないのも、狂っている姫様でも、ただの運命に屈しない可愛いそうな女性だけです。この社会は特に女性に不公平だし、生きるだけで精一杯です。

婉寧姫は傲慢不遜に見えますが、過去に虐待されたことがあります。自分が自分にいやに思いながら心の中で愛を呼びます。清潔に見えているヒロインの夫が好きになって、愛を求めたが誰かに心に愛されていません。愛と恨みの感情を重なって、だんだん歪んで、もがきます。

「瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」と同じ、クールなドラマは、最終的に観客の趣味に合うだけ、視聴者に爽快と思いさせると、物語のバグや、俳優の演技、メイクアップスロットなどはすべて無視される可能性が高い、とにかく次に何かが起こるか知りたい。視聴者の好奇心を引き起こせば良い。

辛い口コミは様々:質の悪いショートドラマの延長版、ゴースト映画風、争いが浅い、筋合わないところは多い、ぎこちない演技、朝ドラみたいの展開を20年前に引き戻したようです。

時代遅れのブロアー+アップスケーリングショット、異次元の特殊効果、いくつもの誇張されたプロットで、人々は時折気が狂いそうになります。日本アニメもよくその手をつかいますね。

なんだかんだ行っても、「墨雨雲間」はNetflixでも放送されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました