CleverGetとStreamFab、相違点と料金比較、どっちを買うべき?

Uncategorized

CleverGetとStreamFabはいずれもYoutubeやAmazonプライムなど有料・無料の動画サイトから動画を保存するためのソフトウェア、対応サイトの多さや使い方、機能などから見れば、いずれも魅力的のツール。今回はCleverGetとStreamFab2つのもの機能と評判、料金などを比較して徹底解説します。

CleverGetとStreamFabの共通点

1.ほとんどの日本の主流動画サイトから動画をダウンロードできる

CleverGetでもStreamFabでも次の日本の主流動画サイトに対応しています。

AmazonプライムやU-NEXT、Netflix、Hulu、Disney+、Abema、FOD、楽天TV、Fanza、Onlyfans、MGS動画、Tver、Youtube、NHK+、DMM、ツイキャス、Myfans。。。

2.画質は選べる

CleverGetとStreamFabはいずれも動画の画質を選べます。Youtube動画は最大8kまで対応、通常の定額制動画配信サービスは1080Pの解像度までサポートします。ただし、いずれも元の動画の画質を超えません。

3.オールインワンと単品、または購読制と買い切り版を用意している

CleverGetとStreamFabはいずれも全ての製品を含むオールインワンと単一動画サイトに対応している単品2種類の製品があります。また、複数の製品をセットとして購入してもよい。

購入方式から見れば、月額・年額サブスクリプションと永久ライセンスから選べます。CleverGetのオールインワンは年間プランと永久ライセンスから選べるが、StreamFabのオールインワンは無期限版だけです。

4.Mac版は比較的製品が少ない

CleverGetのMac版はWindows版よりM3U8・MPD・スクリーンレコーダー3つの製品が欠けています。StreamFabのMac版はWindows版よりMPDダウンローダーが欠けています。

CleverGetとStreamFabの違い

1.単品の数と対応サイトは少々違う

2024年5月時点で、CleverGetのオールインワンに46個の単品、StreamFabオールインワンに45の単品を持っています。

CleverGetはStreamFabと製品上の陳列は大体同じです。例えば、Youtube動画ダウンロード機能はYouTubeを含めて複数の無料動画サイトから動画をダウンロードできます。ただし、例外もあります。

Tver、ツイキャス、Myfansこの三つのダウンロード機能はCleverGetには3つの製品に分けられています。一方、StreamFabはこの3つの機能はまだ全てYoutubeダウンローダー一つの機能に含まれています。

また、TikTokダウンロード機能はCleverGetのYoutubeに含まれているが、StreamFabならYoutubeに含まれておらず、単一製品として販売されています。

つまり、数から見ればCleverGetの勝ちのようですが、実際はそうではありません。

2.M3U8とMPD製品

CleverGetストアにM3U8とMPD製品が販売されているが、実際この2つの製品に関する製品ページが見つけません。本当にダウンロードできるかどうか不明です。実際いくつのサイトを試してみたが、全てダウンロードできませんでした。

3.録画機能の有無

CleverGetにスクリーンレコーダー機能が備わっているので、ダウンロードできない場合は補足として動画を録画してもよい。

しかし、StreamFabには今のところ動画録画機能が付いていません。

CleverGetとStreamFabの料金比べ

 CleverGetには、年間サブスクリプションと永久ライセンスの2つの支払い方法があります。 製品別には、単品とオールインワンがあります。 単品永久版の価格(税込)は10,857円と13,574円2種類あります。 2個以上買うと安くなる。

単品の年間サブスクリプションの価格は4651円と5774円の2種類あります。Amazon動画ダウンロード機能はさらに月額で支払うことができます。

Windows版のオールインワンの年間サブスクリプション価格は21500円、永久版の価格は31,995円です。

Mac版のオールインワンの年間サブスクリプション価格は19500円、永久版の価格は29,495円です。

CleverGetのオールインワンは1台のパソコンでしか利用できません。

StreamFabの価格体系も大体同じです。ただし、値段は少々高いです。

StreamFabの単品の価格は6210円から15000円までいくつかあります。通常1万円や12500円で手にいられます。年間サブスクリプション価格は結構高いのでお勧めしません。

StreamFabオールインワンの価格はWindows版とMac版のと同じ、税込みで35000円になります。一見高そうですが、5台のパソコンで利用できるので、比較的コスパが良い。

StreamFabのYoutubeダウンローダーProは一番安くて機能が強い。お勧めします。

CleverGetとStreamFabのメリットとデメリット

CleverGetとStreamFabはそれぞれのメリットとデメリットがあります。個人的にはそれぞれの利点と欠点は次のようです。

CleverGetのメリット

  • 1.スクリーンレコーダー機能が備わっています。
  • 2.単品の価格は比較的安い。特にNHK+動画ダウンロード機能。
  • 3.セールで割引がある製品が多い。

CleverGetのデメリット

  • 1.オールインワンは1台のパソコンでしか利用できない
  • 2.Mac版は比較的弱い
  • 3.MPDとM3U8動画ダウンロード機能の紹介は不明

StreamFabのメリット

  • 1.対応サイトが多く、DRM解除力が強い
  • 2.YoutubeダウンローダーはTverやツイキャス、Myfansのようなサイトにも対応している。
  • 3.オールインワンは5台のパソコンで利用できる。

StreamFabのデメリット

  • 1.単品の価格はやや高価
  • 2.Youtubeダウンローダーを使ってTikTokから動画をダウンロードできない、ダウンロードするには別料金が必要
  • 3.単品のセールが少ない

今回はCleverGetとStreamFabを徹底比較しました。一言でまとめてみれば、録画機能や単品ならCleverGet、YouTubeダウンローダーやオールインワンならStreamFabがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました